空間に浮かぶレンジの音・『さよならシェルター』最終公演終了

音響支援として参加させていただいた舞台、

『さよならシェルター』

は、期間中沢山の方においでいただき、大成功のうちに幕を閉じました。

役者のみなさま、サポートされた関係者のみなさま、大変おつかれさまでした。

 

舞台をサポートしたスピーカーは無事役目を終え、今は自宅のリビングルームでいつものように豊かな音楽を奏でています。

 

リビングルームからサントリーホールの小ホールまで、1つの筐体で事足りるのが音空間で取り扱うスピーカーの大きな特徴の1つです。

豊かな音が、距離にあまり左右されず空間全体に広がるからこそ実現される面白い特徴です。

 

空気がある場所は、必ず空間が振動しています。

これは意識に上がるかどうかは別にして、人に大きな影響を与えます。

 

今回の舞台では、

『1つなのにサラウンドで凄い。』

『水の音がとてもリアル。』

『ギターの音色が美しい。』

などのお声をいただき演出としてもお役にたてたと同時に、

素晴らしい舞台を包む空気の振動を整える役目も果たしてくれたようです。

 

次に公の場で、整った空間をご体感いただけるのは、2月25日(土) 新宿御苑バルです。

アンナ朱美さん、小野晃さんの素敵なデュオが奏でるメロディーが、癒しのスピーカーを通して空間を包み込みます。

詳しいお知らせは、こちらの公式FBまたは、公式メール(info@akemi124.com)から直接お問合せください。